2018年6月5日

車両紹介

TRIUMPH SPITFIRE

 

今回のプロジェクトで新たに投入される車両です.イギリス車です.新たにフルレストアを行い,さらにラリー走行に対応するための改造を施します.高負荷なラリーの走行に耐えるよう,弊プロジェクト初の試みとしてFRPハードトップ(繊維強化樹脂製のルーフ)の作成を行います.
スピットファイアに関する記事→

HONDA SB1 CIVIC1200RS

 

この車は初代シビックをベースとした1974年製造のスポーツモデルです.2016年および2018年のプロジェクトで投入された車両であり,レストアが行われています.計測システムの改良を施し今年度のレースに臨みます.

TOYOTA TE27 LEVIN

 

この車は1972年に製造された,カローラ/スプリンターのスポーツモデルです.2015年から2018年のプロジェクトで投入されており、レストア済の車両となっています。
DOHCエンジンを積んだラリー仕様で高性能な車として当時話題になりました.トヨタ系企業様のご支援を頂き,継続使用させていただきます.
本年の参戦歴→TGRラリーチャレンジ高岡万葉、新城ラリー

MITSUBISHI LANCER

 

この車は1973年にデビューしたモデルで,2015年と2016年のプロジェクトに投入されています.
エンジンの載せ替え,および計測システムの改良を施しレースに挑みます.

SUBARU 1300G

この車は1970年に製造されたモデルで,当時のファミリーカーとしては珍しいFF方式が採用されています.
2018年のプロジェクトに投入された車両でレストアが行われています.サスペンションの不具合が現在見られるので,対策して今年もレースに挑みます.